2012年02月07日

馬路村で「曲げわっぱ」体験!

今週の放送記事は「名人」のコーナー
からご紹介しましょう(*^▽^*)

馬路村では魚梁瀬森林鉄道で運ばれていた
であろう魚梁瀬杉などを使った
「曲げわっぱ」が人気を呼んでいます。

元々、秋田県の伝統文化で木の薄板を
曲げて作る円筒形の木製の箱のことで
本体とふたで一組となります。
P1100845.jpg
こんな感じね。

木の香りがとてもよくて、主にお弁当箱
として使われていた(いる)そう。
何度も洗って使えるのも魅力的です!

そんな曲げわっぱなんですが!
なんと、馬路村では自分で作ることができる
「曲げわっぱ体験教室」を行っているのです。
今回は曲げわっぱの達人である、講師の
四国勝さん
にお話をお伺いしました。

まずは、教室となる場所へ移動します。
しかし、ここは馬路温泉なんですが・・・
P1110115.jpg
馬路温泉から歩いてコテージの方へ進みます。
ん?敷地内??

P1110111.jpg
見えてきました!あの赤い屋根の
建物の1階が教室だそうです。

P1110110.jpg
これは、温泉に宿泊した方なども
気軽に楽しむことができますね。

P1100847.jpg
「これは、教材ですよ。」と四国さん。
そう、この状態からの作業を体験するんです。
よーく見ると木目や色が違います。
直感で作るものを選びましょう。

P1100849.jpg
こんな感じで木を加工する機械もあります。

P1100872.jpg
「この丸太から、曲げわっぱに使う
木の板にするんですよ。」
と四国さん。
四国さんの作業はそこから始まるんですね。

P1100876.jpg
木の皮はじっくり煮込んで柔らかく
します。(じゃないと丸められない)

P1100880.jpg
さらに、厚さが均一かチェックします。
こうして、本体、蓋の側面が出来上がります。
底と蓋の部分は、これまたズレが許されない
慎重な手作業で丸型にくりぬかれます。

P1100924.jpg
さて、ここからです。教材の曲げわっぱの中から
4本紅くて薄い紐のようなものが。
こちら、山桜の皮で、四国さんのお家にあるもの
だそうです。昔はこれで補強していましたが
今では飾り的な役目となっているそう(笑)

P1100932.jpg
靴ひもを通すように、四国さんがつけて
いてくれた穴に交互に通していきます。
これが、なかなか難しいんですよ(涙)

P1100943.jpg
なんとか通した状態です。
ちょっと浮いてる?大丈夫です。

P1100997.jpg
四国さんがしっかり、押さえつけて下さり
端も切り落としてくださいました。

P1110014.jpg
蓋の側面も同じように通してじゃーん
(紐を通すのは)完成です。

P1110042.jpg
続いては、四国さんが調合してくださった
接着剤を側面に5mmほどまんべんなく
塗って行きます。し、慎重にね。

P1110045.jpg
塗れました!出来はともかく、ふぅ。
神経使いますが楽しいですよ!

P1110059.jpg
蓋の側面にも同じように接着剤を
塗って、はめ込みます。このはめ込むのは
四国さんにお任せ。どこでも合うわけではなくて、
微妙にぴったり合うところがあるんです。

P1110071.jpg
浮かないようにしっかりと押さえつけて
ぴったりとはめ込んでいきます。
私も力を入れて頑張りましたよ。

P1110097.jpg
ひっくり返すとこんな感じ。

P1110100.jpg
はみ出た接着剤を拭っていきます。
早くしないと固まってしまうので急げ〜。
湿らせたタオルを充てて拭いたりしましたが
私では綺麗にとれず・・・四国さんが仕上げで
ものすごく綺麗に拭いてくださいました。
本当にありがとうございます。

P1110107.jpg
真剣に作業中(笑)
この教室にはMAX20人ほど
入るそうです。今日は独占状態です。

P1110167.jpg
余分な接着剤を拭い、固まってきたら
サンダーと呼ばれる電動やすりのような
もので、表面を整えていきます。

P1110173.jpg
キイイイイーンとすごい音です。
木屑が舞って、磨かれていきます。

P1110184.jpg
かけすぎると薄くなるし、この
微妙な感覚が長年培われた技ですね。
びっくりするくらいツルツルになりました。

P1110217.jpg
最後は手作業で、角が丸くなるよう
紙やすりでこすっていきます。
これは、好みだそうですよー。

P1110245.jpg
どうでしょうか?
いい感じに仕上がりました♪

「これに、お弁当を入れたいと思います!」
「それなら・・・」
P1110249.jpg
じゃーん。仕切りまで入れてくださいました。
もう、全部ご飯でも構わないくらいなのに。

P1110250.jpg
とっても楽しく、世界に1つだけの
曲げわっぱを作ることができました。
四国勝さん、ありがとうございました。

馬路村では後継者を作りつつも現役で
曲げわっぱを作り続けているのは四国さんだけ
だそうです。そんな四国さんが曲げわっぱを
はじめたきっかけは?

全国的にも珍しい体験教室をされるきっかけは?

そもそも曲げわっぱの魅力は?

などなど、曲げわっぱを作りつつ、四国さんの
お話をたくさん聞いていますので、どうぞ
番組を楽しみにしていてくださいね。

曲げわっぱ体験教室
申し込み先
馬路村ふるさとセンター「まかいちょって家」
TEL08874-4-2333 FAX08874-2-1002
e-mail/umaji@mb.inforyoma.or.jp
http://www.inforyoma.or.jp/umaji/wappa/wappa.html

四国さんに関する詳しい記事は
http://www.moritomidori.com/sasayaki/shizentaiken/magewappa.html
http://www.digi-mori.com/dmr/kuchikomi/magewappa.htm


We LOVE KOCHIハート(トランプ)東海岸まるごと探検隊
第41回放送2月11日(土)8:00〜からOA
メールはaki@fmkochi.com FAXは0887-34-8636


人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
↑1人でも多くの方に参加してもらうために、応援クリックお願いします☆-( ^-゚)v
posted by aki at 18:14| Comment(2) | 取材日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋田の宣伝ありがとうございます〜♪
Posted by かなえ at 2012年02月09日 20:55
かなえさんへ
曲げわっぱは秋田のものなんですね〜。
高知でも、こうして人気ですよ!
遠くてもこんな感じでつながってるんですね。
Posted by さえ at 2012年02月14日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。