2012年01月13日

東部の伝統あるおまんじゅう〜東洋町〜 前編

続いては東洋町です!どんどん食べますよ!
・・・じゃなくて、レポートしますよ!
(本音出た)東洋町と言えば「野根まんじゅう」
という伝統的な田舎饅頭が数種類あって、
それぞれに歴史的背景がありますが、今回は
「昭和天皇陛下」に献上された野根まんじゅう 
をご紹介したいと思います(*´゚∀゚`)ノ

徳島にいる頃からよく食べておりました。
それにしても、昭和天皇陛下に献上された
野根まんじゅうって?ん?うーん(`-д-;)ゞ

そんなわけで(?)実際に昭和天皇が
お泊りになられて、野根まんじゅうが
献上されたという室戸市にある山田邸
私、行ってまいりました(。・`ω・。)q

CIMG2558.jpg
ここ・・・だよね?(道路から撮影)

CIMG2559.jpg
おじゃましまーす。

CIMG2560.jpg
ここが玄関??(≡ε≡;)

CIMG2586.jpg
「いらっしゃい、よく来たね。」
そう声をかけてくださったのは
山田邸のご主人である山田紘一さん
「まぁ、向こうからどうぞ」
ここからじゃないんですか?
山田さんはまた違う方向へ。

CIMG2561.jpg
ここどこですかー?(お庭です)

CIMG2562.jpg
池もありますよー。絶賛迷子中。

CIMG2563.jpg
は、何やら廊下らしきものが!
もうここから入ります、ごめんなさい。

CIMG2564.jpg
奥方様に出していただきました羊羹とお茶。
気品あふれてます。緊張してきました。

CIMG2584.jpg
何やら歴史感じるものが並んでます。

しかし、山田さんはとっても気さくな方で
貴重な資料を見せてくださったり、当時の
様子をお話してくださりとすごく勉強に
なりました。歴史を感じます。

CIMG2585.jpg
こちら、昭和天皇陛下のお写真。
本当にいらしゃったんですね。(しみじみ)

CIMG2565.jpg
当時の新聞です。室戸へいらしゃった
ことが、ちゃんと載ってますよ!

CIMG2566.jpg
山田さんのお宅も載ってます。

CIMG2567.jpg
陛下お1人では来たわけではなく、
他の方々もたくさんいらしゃったわけです。
そりゃ、もう綿密な打ち合わせをしたそう。

CIMG2569.jpg
陛下が滞在された先々で詠まれた句が
本になっており、この山田邸で詠まれた句
も載っております。それがこちら
「室戸なるひと夜の宿のたましだを
うつくしと見つ岩間岩間に」


「たましだ?」「あれのことだよ。」
CIMG2570.jpg
そう、こちらの植物なのです。
なんか、当時と同じ場面を観てると
思うと感慨深いですね。不思議。

「家も見ていきます?」のお言葉に甘えて
邸内も見せていただきました。
CIMG2571.jpg
こちら、お手洗い。

CIMG2572.jpg
お風呂。(今は使っていないそう)

CIMG2573.jpg
陛下がお泊りになられた2階の
お部屋も見せていただけることに。

CIMG2574.jpg
2階の窓から見たお庭。広すぎる!

CIMG2575.jpg
電気のスイッチですが、当時の香りが。

CIMG2576.jpg
こちらが、陛下がお泊りになられた
お部屋です!部屋には山田邸にお泊りに
なられた皇族の方々のお写真も飾って
ありました。博物館みたいです。

CIMG2577.jpg
こちら、お泊りになられた部屋の隣部屋。
今は使っていないそうですが、それが
当時の様子をまんま残されてる感じです。

「庭に記念碑もあるんで見に行きます?」「是非!」
CIMG2578.jpg
何度も言いますが・・・お庭、広い!
結構、歩いて、そこから山田邸を
撮影。うーん、お掃除大変そう(そこ?)

CIMG2579.jpg
どんどん先に進む山田さん。その先に・・・

CIMG2580.jpg
ありましたよー。裏を見てみると

CIMG2581.jpg
御宿泊記念と書いてあります!
うわぁ、私、今そこにいるんですね。

CIMG2582.jpg
山田さんのお父様の石像です。
地域の皆さんから献上されたんだとか。
山田家がいかにすごいかわかりますね。

CIMG2583.jpg
まだまだ奥にも続きます。広いな。
「(陛下が泊られた)当時はこの奥まで警備員が
何人も配置して寝ずに番をしていたんですよ。」


その当時のまま家があって、庭があって
(改築、増築などはしたそうですが)
この歴史の臨場感を皆さんに是非感じてほしい
ですね。ツアーとかあったらいいのに。

あー、歴史に触れる素敵な時間だったな。


Σ(o゚ε゚´oノ)ノ


と、私がここに来た目的忘れてた!(阿呆)

「山田さんのお家で陛下がお泊りになられたとき
野根まんじゅうを献上されたと聞いたのですが。」

「えぇ、そうですよ。
紋付き袴を着て持ってきてくれました。」

「それは、どちらの野根まんじゅうだったんです?」

CIMG2587.jpg
浜口福月堂さんです。
当時のご主人と私の祖父が懇意にしてまして・・・」


「浜口福月堂さんですね、ありがとうございます。
それでは、私、浜口福月堂さんに行ってきます!」

「いってらっしゃい。よろしく伝えてくださいね。」

そんなわけで、浜口福月堂さんにレッツゴー。
番組では、山田さんに当時の様子を詳しくお話
聞いていますので、どうぞ、お楽しみに!

山田邸
ご住所  室戸市室戸岬町4382
電話番号 0887-22-2012
※個人のお宅です!興味のある方は
 マナーを守ってご連絡してください。


We LOVE KOCHIハート(トランプ)東海岸まるごと探検隊
第37回放送1月14日(土)8:00〜からOA
メールはaki@fmkochi.com FAXは0887-34-8636


人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
↑1人でも多くの方に参加してもらうために、応援クリックお願いします☆-( ^-゚)v
posted by aki at 11:53| Comment(2) | 取材日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワーーー!!!  凄い〜〜〜〜。        
まるで 昭和の時代にタイムスリップ?

観光名所なのかな??
Posted by agoさん at 2012年01月13日 19:14
agoさんへ
お返事遅くなってしまってすいません。
そうなんですよ、私もリアルにタイムスリップ
した気持でした。すごいですよねー。
観光名所ではなく、個人宅なのですが
Google地図やナビにも「山田邸」って出てるので
びっくりしました!気さくないい方でしたよ。
Posted by さえ at 2012年01月19日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。