2012年01月12日

東部の伝統あるおまんじゅう〜室戸市〜

おまんじゅう・・・そこには餡子と夢と希望が
詰まっている老若男女に愛されるお菓子である。
そのおまんじゅうに隠された歴史的背景
受け継がれた味!技!などをご紹介o(*'▽'*)/☆゚’

まずは、室戸市から。高知方面より国道55号線沿い
室戸市羽根町に入るとこんな看板が目に入ります。
CIMG2546.jpg
「羽根名物 お倉饅頭」

看板に導かれるまま進むと
CIMG2545.jpg
ババーンとありました!
お倉饅頭本店(南商店)さんです。

中に入ってみましょう!
CIMG2547.jpg
こんにちは〜ヾ(o´∀`o)ノ
今回、お話をお伺いしたのは南典子さん
小さなお子さんがいらっしゃる中、朝も早く、
配達もご自身たちで行い、ご主人と協力して
先祖代々の味を守っていらっしゃるのです。

CIMG2550.jpg
こちら、お倉饅頭です。(※ディスプレイ)

CIMG2549.jpg
こんな風に包んでもらえるのは本店だけ。
そして芋あん饅頭まで・・・美味しそう。

CIMG2548.jpg
箱入りもあります。お倉も!

CIMG2551.jpg
お品書きです。詰め合わせもいいかも。
本店ではばら売りもしてくれますよ。

CIMG2552.jpg
「お倉饅頭」の由来もちゃんと書いて
あります。皆さん、気になりますよね?
なぜ「お倉饅頭」なのか。ちゃーんと
聴いてきましたよ+.(´^ω^`).+

CIMG2553.jpg
中を見せていただくと、お倉饅頭が
どんどん作られていました!
これ、片っぱしから頂いていいですか?
(ダメです)出来立てはいいですねぇ。

CIMG2555.jpg
「よかったら、どうぞ」と盛りつけて来て
くださいました。ありがとうございます!
手前は芋あん饅頭(5個350円)と
甘栗あん饅頭(5個350円)です。

CIMG2556.jpg

CIMG2557.jpg
私、このおまんじゅうたちを1人で
全部、頂いてしまいました。でも
控え目な甘さで皮もふわふわ。
この美味しさ、皆さんもぜひ
召し上がってみてくださいね。

お蔵まんじゅう本店(南商店)
所在地  室戸市羽根町甲876
営業時間 7:00〜18:00
定休日  月曜日(月1)
価格   折詰8個入り450円 10個入り550円
     贈答用20個入り1,400円(箱)
電話   0887-26-1431


We LOVE KOCHIハート(トランプ)東海岸まるごと探検隊
第37回放送1月14日(土)8:00〜からOA
メールはaki@fmkochi.com FAXは0887-34-8636


人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
↑1人でも多くの方に参加してもらうために、応援クリックお願いします☆-( ^-゚)v
posted by aki at 10:35| Comment(0) | 取材日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。